象牙と日本文化は深いつながり

「象牙と日本文化は深いつながり」

youji

|はじめに

年配のご婦人がさりげなく普段使いで象牙のネックレスを身に着けていらっしゃいました。白でもなくベージュでもなく「アイボリー」そのものの色合いが歳月を重ねたご婦人にぴったりでした。今回のコラムでは日本文化と関わりが深い象牙製品についてまとめてみました。

|茶道具に使われている象牙

安土桃山時代、千利休により完成されたというわび茶の世界から長く続いている文化「茶道」でも象牙製品が使われています。

◆茶合(さごう)
お茶の葉をはかって、急須に入れる道具で通常は長さ12~15㎝くらいのものです。
材料は象牙や竹のほか、金属、木などもあります。

◆菓子箸
菓子を取り分けるお箸のことです。菓子鉢にのった菓子が供されるとき、使用されます。象牙や竹の箸が使用されることが多いようです。

◆茶杓
抹茶を容器(茶器)からすくって茶碗に入れるための匙のことです。
chasaji

|着物にも象牙製品

着物でのアクセサリーといえるのが帯留です。帯留ひとつで雰囲気が変わるので、シックな装いに華やかさが欲しいときや上品さを出したいときには象牙の帯留でバリエーションを出すことができます。精巧な手彫りの技術で象られた、象牙の帯留は、装いをランクアップしてくれる和のアクセサリーです。
象牙帯留め 桜井広晴作
※帯留はshop象牙.comから購入することができす。 写真 象牙根付師 桜井広晴作
http://shop.zouge.com/products/list.php?category_id=17

|麻雀牌も高級なものは象牙

麻雀といえば今ではオンライン麻雀が一番身近なのかもしれませんが、遊びの一つとしては長い歴史があり、古くは雅培(ヤーペイ)という名で宋王朝時代には始まっていたようです。麻雀牌に似た木製や象牙のカードを使用しており、すでにこのころには象牙が使用されていたことがわかります。
象牙牌の特徴にはいくつかありますが、まず、牙が成長する過程で作られる年輪のような薄い縞模様があること、そして手彫りであること、さらには象牙特有の黄ばみがあることがあげられるでしょう。昔、おじいさんが使っていたな…そんなご自宅に眠っている麻雀牌はもしかしたら高価な象牙製のものかもしれません。

|まとめ

茶道・アクセサリー・遊びのそれぞれの面で象牙がかかわってきたことがわかります。文化の継承が簡単な事ではない現代ですが、絶えることなく続いてほしいものです。

カテゴリー: お役立ち, 雑学 | コメントは受け付けていません。

海外でも人気のある象牙根付

「海外でも人気のある象牙根付」

フランス根付サイト

|はじめに

ヨ-ロッパでも根付は日本語同様に「NETSUKE」と呼ばれ表記されています。
また象牙彫刻は置き物「OKIMONO」と呼ばれます。象牙根付は海外では骨董価値があり、各地にコレクタ-の方や買取販売をしている骨董品店も存在します。根付には象牙で作られた物や木、サンゴ、鯨の骨などのものもあります。
フランスでは根付以外にも彫刻やアクセサリ-としての人気も高く、女性には象牙細工のバラの花などが好まれているようです。

|ヨ-ロッパでのアイボリ-(象牙)の魅力

象牙は牙の先端部分の中心部へ向かう程値段は高価なものとなっています。
中でも最高級品とされておりますのがアフリカ像のものです。
ヨ-ロッパでは象牙は加工がしやすく建築の材料や工芸品の材料として幅広く使われております。中世時代にはゴシック細工として花を咲かせました。教会や大聖堂内の祭壇飾りや小箱、
小像などにも数多くの象牙が使用されました。また。19世紀になると宝飾品としても用いられる様になり、貴婦人たちの胸元を引き立てる透かし細工のブロ-チやカメオで人気を博しました。
手触りが良いのでその後はネックレスやイヤリングとしても使用される様になり、現代でも愛され続けています。

|グ-グルフランスにも象牙根付情報あり

ヨ-ロッパで骨董的価値のある象牙根付は、フランスでは骨董品屋さんや骨董市で運良く入手出来る事もありますが、実はネットのサイトの中にも象牙根付に関する情報が日本の象牙根付サイトの様に写真付きで掲載されていたりします。
フランス語が読めないので無理と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、写真が出ているので簡単に見る事が出来ます。
中には英語で見られるサイトもありますし、フランス語でも写真と一緒に製作時期や象牙根付のサイズも一緒に表記されているものもあり、コレクタ-の方には楽しんで頂けるのではないかと思います。

下記にサイトのURLを掲載させて頂きますのでご興味のある方は是非、ご覧になってみて下さい。

▼Galerie-Dijon
http://www.galerie-dijon.com/netsuke-okimono-ivoire
ギャラリ-・ディジョン 51 Rue des Godrans 21000 DIJON
TEL:(フランス33)-03-80-305-805 (ブルゴ-ニュ地方)

▼PROANTIC
http://www.proantic.com/galerie/styvallantique/index.php
プロアンティック サイト右上にあるイギリス国旗のマ-クをクリックすると英語のサイトに切り替わります。

▼lamidesarts
http://www.lamidesarts.fr/NETSUKE-IVOIRE-SCULPTE-JAPAN-1880-souris-CERTIFICAT
ラミデザルツ

|象牙細工で有名なディエップ美術館

フランスのノルマンディ-地方にディエップ(Dieppe)と呼ばれる港町があります。
この町は象牙細工の腕が素晴らしい職人達が集まり、貿易港として栄える港のおかげで
質の良い象牙が手に入りやすかった事から象牙細工が栄えました。
ここではキリスト像やマリア像、宗教儀式の道具、鏡入れの蓋やカトラリ-の持ち手、ナイフの柄、煙草入れなど様々な物が彫られており、
現在でも18世紀から20世紀の始めに製作された象牙彫刻が展示されており見学が可能です。
パリからTGVに乗って日帰り旅行、もしくは1泊旅行で行ける距離ですので機会がありましたら訪れてみて下さい。

|まとめ

フランス語で象牙は「IVOIRE」(イヴォワ-ル)です。
グ-グルフランス内で象牙根付を検索したい場合には「IVOIRE NETSUKE」で検索出来ます。ちなみに象牙彫刻はフランスではお花が多く掘られており、お隣のドイツでは森の中の動物が多いそうです。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。